楽しめる場所が一番です

女の子

赤ちゃんから通う事の出来る英会話教室が年々増加してきています。まだまだ話す事も難しい小さな赤ちゃんでも、幼い頃から英語の発音やリズム等に慣れさせ、自然と英語を身につけさせる事が出来ます。しかし、そうなるためには、赤ちゃんが楽しんで通う事が出来る教室選びをしてあげる事がとても重要です。

詳しく見る

幼児向けの教室の魅力

子供と男性

吉祥寺には、各種の幼児教室がたくさんあります。幼児教育にはそれぞれ特色やメリットがあり、例えば、小学からの英語学習に備えることができたり、将来の受験する時の基礎学力を養っておくことができる点などがあります。

詳しく見る

教育内容が異なります

文房具

世田谷にある幼児教室では、小学校受験合格に向けての学習や知育を伸ばすための学習が行われています。幼児教室と一括りに言っても、その教室によってプログラム等は様々なので、どのような教育を受けたいかを親御さんが明確にし、教室を選ぶ必要があります。

詳しく見る

幼少期は音に触れさせよう

音符

神経や聴感覚の発達が目覚ましい幼少期に音楽を学ぶことは、上達速度を飛躍的に向上させます。音楽を学べる教室を利用すれば、年齢に応じたレッスンを受けられるだけでなく、様々な発表の機会に恵まれます。幼少期からこのような経験を積ませることは、音楽はもちろん、ほかの場面でも大いに役立つでしょう。

詳しく見る

最高の英語環境

子どもたち

私達の多くは、英語に苦手意識を持っているのではないでしょうか。大人なってから英語を学び直す人もいますが、ネイティブと対等の英語運用能力を身につける人はほんの一握りです。 子供の言語習得能力は、非常に高度なものです。この時期にこそ、インターナショナルスクールで良質な英語環境に身を置くことが必要なのです。

詳しく見る

インター校とは

文字

英語の環境で過ごす

今、多くの家庭の親御さんが興味を持っているスクールといえば、「インターナショナルスクール」ではないでしょうか。 英語教育の低年齢化が進み、小学校での英語教育が必須となる今、インターナショナルスクールが注目を集めています。 一口にインターナショナルスクールといっても、様々な種類があります。主に幼児を対象とした「プレスクール」、小学生以上が通学する「インターナショナルスクール」があります。「プレスクール」とは、主に英語で保育を行う学校になります。多くの場合、午前中と午後のクラスに別れ、ネイティブ又はバイリンガル講師が担当します。年少、年中、年長に分かれてカリキュラムが組まれている場合がほとんどです。年少では、体を動かしながら、無理なく英語に触れていくように構成されています。年中では、単語を使って簡単な会話を取得していきます。年長にもなると、講師と簡単な会話ができるように、授業が進められていきます。 多くの場合、「プレスクール」を卒業すると国から認められている「小学校」、いわゆる一条校に進学します。この時、インターナショナルスクールという一条校以外の学校に進学する子供さんが、最近増えています。 この他に、インターナショナルスクールの中には一条校として認められている学校もあり、どちらを選択するかは将来の進路によります。 インターナショナルスクールは、主に英語で授業が行われていきます。子供達の能力は大人が考えている以上に開花し、英語を習得していきます。最近では、小学生で英検2級以上に合格するなど、多くの実績を上げています。