最高の英語環境

子どもたち

インター校とは

英語の重要性が言われて久しい今日、我が子をインターナショナルスクールに通わせる家庭が増えてきました。では、インターナショナルスクールとはどのような学校なのでしょうか。 インター校には、幼児期に通う「プリスクール」、その後の進路として考えられる「インターナショナルスクール小学校、中学校、高校」があります。この中でも、小学生から通い始める「インターナショナルスクール」に、今注目が集まっているのです。 ここでの学校生活は、英語主体で進んでいきます。学校にもよりますが、国語としての日本語以外は、英語で授業が行われます。インターナショナルスクールの良さは、圧倒的な英語量に触れる機会が持てることです。大量のインプットを行い、ライティングなどの書く作業でアウトプットを行います。もちろん、先生との会話は英語で行われるため、高度なスピーキング能力を得ることができます。 週数回、英会話学校に通っても、使える英語を習得することは難しいのが現実です。しかし、インターナショナルスクールでは英語をそのまま理解するように学ぶために、子供達の英語能力は、必然的に高度なものになってくるのです。 更に、インターでの授業は詰め込み式ではなく自分自身の意見を考え発表するような機会が与えられる等、個人の発言が重視されます。私達大人が苦手としている事を、子供逹が難なく行なっているのです。 インターナショナルスクールの学費は私立小学校等に比べて高額になりますが、授業内容などを考えると、決して高額ではないといえます。将来海外の大学に進学、又、国内難関大学を目指す場合にも、インターナショナルスクールでの学びが大きな役割を果たしてくるのです。