幼少期は音に触れさせよう

音符

幼少期からの音感レッスン

「7歳までに音楽を始めると人生が変わる」という言葉を聞いたことがありますか。神経の発達が12歳前後でほぼ終了してしまうことが科学的に知られていますが、新しいことを柔軟に吸収できる時期はやはり幼少期なのです。また、聴感覚の発達も7歳前までにはほとんど終わってしまうそうです。例えば20歳を過ぎてから音楽をやろうと思い立っても、並大抵の努力ではなかなか上達が見込めません。新しいことをどんどん学べる幼少期に音楽を学べば、その後の人生を大きく変えてしまうような素晴らしい才能を開花させることが出来るかもしれません。そのためには、音楽を学べる教室を利用することが近道でしょう。音楽教室では年齢に相応したレッスンを展開します。いきなり難しい音楽理論を教室で教えられても、すぐに挫折してしまうのは目に見えています。長年音楽に親しんできた音楽教室の先生だからこそ、その楽しさを子供に伝えることができますし、先生はそのコツを心得ています。楽しさが伝われば、自然と音楽に触れる機会が増えていき、自ずと音感が養われていきます。そうすれば「絶対音感」のような特殊な能力も気づかぬうちに身についていきます。また、幼少期から発表会等に参加しやすくなるのも教室に通うメリットです。教室では年齢に応じた発表会の機会を提供してくれます。小さいころから人前で発表することを経験として積んでおけば、音楽だけでなく、あらゆる場面おいても非常に役に立つことになるでしょう。